自然派ワインとは!?

“自然派ワイン”という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。自然派ワインと一言で言っても、その種類はいくつもあります。 有名どころだと「ロマネ・コンティ」のブドウもオーガニックで造られているため、究極の自然派ワインだと言われています。

自然派ワインの定義や特徴は?

自然派ワインは「オーガニックワイン」や「ビオワイン」とも呼ばれています。明確な定義が法律で位置づけられているわけではありませんが、世間一般的に以下の定義や特徴に当てはまるものに該当します。

・原料となるブドウに化学肥料を使わない

・畑に合成農薬や除草剤を使わない(ビオロジック農法)

・ブドウの遺伝子操作をしない

・酸化防止剤をなるべく少なめに抑えている

・濾過されず澱や酒石が残っている場合もある

・人工酵母を使わないために土地の良さが表れている

また、ビオロジック農法に加え、月や星の運行などを農作業に取り入れ、植物本来の力を引き出すビオディナミ農法(バイオダイナミック農法)を取り入れる造り手もいます。

これらの理由ゆえに「二日酔いになりづらい」「テロワールに忠実なブドウ本来の美味しさを感じることができる」と言われることもあります。

ワイン本来の味わいを楽しめるワインが生み出されることになります。

<ぶどうの有機栽培について>

ぶどうの有機栽培農法にはいくつか方法がありますが、EU法では厳密な規定を3年以上守ってぶどうを栽培した場合に認証資格を得ることができます。この農法により生産されたぶどうのみを使用しワインを作った場合、「有機ワイン」との表記が可能となります。

有機ワイン先進国のヨーロッパでは、「有機ワイン」にもさらにいくつかの分類があります。例えばフランスでは以下のようになっています。

  • リュット・レゾネ=減農薬農法。農薬や化学肥料の使用を最小限にとどめたもの。有機ワインとは表示できない。
  • ビオロジック=殺虫剤、除草剤、化学肥料の使用をしない。いわゆる有機農法。
  • ビオディナミ=ビオロジックの一種。哲学者シュタイナーの唱えた、月や天体の運行に合わせた農作業を行う農法。

自然に寄り添うように作られている「自然派ワイン」の中には、有機栽培されたぶどうのワインでないために「有機ワイン」とは表記できないものもあるのです。

自然派ワインと無添加ワインの違いは?

よく自然派ワインと混合されやすいのは、国内で製造された「無添加ワイン」です。あくまでワイン本体に添加物が添加されていないだけで、原料となるブドウが自然農法でつくられているかどうかは判別できません。

無添加ワインは、保存料を入れない代わりに加熱処理で滅菌し、フィルターで澱や酒石を濾過しているために、瓶内での熟成は望めません。また、これが原因して膨らみや奥行きに欠けてしまう場合もあります。これが無添加ワインの特徴です。

「オーガニックワイン」はブドウも醸造方法もすべてがオーガニック!

ワインはブドウを栽培するところから始まり、そのブドウを醸造してできるお酒です。

そのため「オーガニックワイン」を造るためには、ブドウの有機栽培だけでなく、ワインになるまでの加工の過程にもオーガニックが求められます。

オーガニックワインは有機栽培のブドウから造る

有機栽培とは、化学的な農薬・肥料・除草剤を使わず、動物のフン、草を発酵させたものなど自然な肥料を使います。

農薬を使わないと「畑が雑草だらけになったり、ブドウの樹が病気や害虫に犯されたりするのでは?」と心配しちゃいますよね!?
でも、そんなことは無いんです!

雑草のなかには、ブドウを病気や害虫から守ってくれるハーブなどがあるので、農薬と同じような効果があるものも存在します。
それに畑のお世話をより丁寧にすることで、農薬などに頼らなくてもいいんです。

現在の様に農薬や化学肥料が広まる前に行われていた農法と醸造方法で作られるワインは、昔の人が飲んでいたワインの味に近いと言う人も居ます。

健康を気にする方や敏感な方が増えて自然派ワインは人気を高めています。

ぜひワイン選びの参考にしてみてください(^-~)