鶏むね肉の極上しっとりソテー 人参のピューレ添え

今回は、ソテーするとパサっとなりやすく硬くなりやすい鶏胸肉の焼き方のコツが満載したレシピです。

鶏むね肉の極上しっとりソテー 人参のピューレ添え 作り方 ヘルシー ダイエット シンプルフレンチ レシピ chef koji
Prev 1 of 1 Next
Prev 1 of 1 Next

材料(2〜3人前)
・鶏胸肉    1枚
・人参      2本
・しいたけ    2個
・キャベツ    3枚
・りんご     1/2個
・マスタード   大さじ1
・オリーブオイル  大さじ3
・酢        大さじ1
・砂糖       小さじ1
・塩・胡椒

チャンネル登録をお願いします。
http://urx.space/OLIz

Chef kojiはこんな人

https://pomu.me/kojy1980/

レシピ内で使用した。物は、こちらを参考にしてみてください。

https://room.rakuten.co.jp/room_e73fd151d3/1800003477004477?scid=we_rom_iphoneapp_col_others

作り方

1.人参を適当な大きさにカットして鍋に入れて水を少量、オリーブオイルを大さじ1加えて弱火〜中火にかけておく。

2.冷たいフライパンにオリーブオイル大さじ1を加える。鶏胸肉の余分な脂を取り除き肉の厚い部分にフォークで突き刺して皮目を下にしてフライパンに乗せて弱火で火にかける。

3.フライパンに蓋をしてしばらく置いておく。

4.ボールにマスタード・オリーブオイル・酢を大さじ1加えてよく混ぜる。小さじ1加えてよく混ぜる。

5.キャベツを千切りにしてボールに加えて、りんご1/2個スライスしてボールに加え塩・胡椒をして全体をよく混ぜる。

6.人参に火が入ったらミキサーで回しオリーブオイルを大さじ2、塩・胡椒をして味を調える。

7.しいたけをカットして鶏肉を焼いているフライパンに加える。

8.鶏肉をカットして盛り付ける。

鶏肉のバスク風煮込み

鶏肉のバスク風煮込み レシピ

フランスではとてもメジャーな家庭料理です。フランスバスク地方のお料理です。

鶏肉のバスク風煮込み 作り方 ストウブ(Staub)鍋一個で簡単レシピ フランスの郷土料理 chef koji How to make Braised Chicken with Tomatoes
Prev 1 of 1 Next
Prev 1 of 1 Next

材料(2人前)
– オリーブオイル   大さじ2
– 鶏もも肉      2枚
– 白ワイン      50cc
ーパプリカ       2個
– たまねぎ       1個
ーにんにく      3片
– ミックスハーブ
– ピマンデスペレットもしくは唐辛子
– 塩・胡椒

【作り方】

1.鶏肉の余分な皮や脂を取り除き半分にカットする。

2. ココットもしくはフライパンを熱して鶏を皮目からこんがり焼く。

3.玉ねぎの皮をむきくし型にカットしてココットに加える。野菜から水分を出すために軽く塩をしておく

4.パプリカを半分に切って種を取り、房にカットして筋を取り除き食べやすい大きさにカットする。

5.ココットに加えて蓋をして少し炒める。

6.トマトペースト大さじ2杯ほど加えてよく炒める。

7.白ワイン、トマトホール缶、ブイヨンを加えて蓋をして約45〜1時間煮込んでいく。

バスクってどんな所!?

フランスとスペインに跨る地区です。お料理の特色としてパプリカや唐辛子トマトを使ったお料理が多くみられます。

また生ハムやサラミも多くスペインの特色を感じることもできます。h

レシピ内で使用した。物は、こちらを参考にしてみてください。

https://room.rakuten.co.jp/room_e73fd151d3/1800003477004477?scid=we_rom_iphoneapp_col_others

ピマンデスペレット
https://amzn.to/2TcBNtS

ストウブ鍋
https://amzn.to/2NmVCt3